2019.4.19武田神社 観覧応募方法について

観覧応募方法について
武田神社御鎮座100年記念としてパフォーマンスをさせていただく
「カムニギワイ」
観覧無料ですが応募が必要となりますのでよろしくお願いいたします。

〜観覧応募方法〜
観覧希望の方は郵便往復ハガキに必要事項を記入してお申込み下さい。

***記入事項***
●往信オモテ面
宛先
〒400-0014
山梨県甲府市古府中町2611
武田神社「カムニギワイ」観覧係

●往信ウラ面
観覧希望者の
1、郵便番号
2、住所
3、名前
4、年齢
5、電話番号

●返信オモテ面
観覧希望者の
1、郵便番号
2、住所
3、名前
※往復ハガキの記入例は当神社HPをご覧ください
武田神社HP

※当神社からの返信ハガキが入場券となります
※1枚につき1名様の入場となります
※4月12日(金曜日)当日消印有効
※応募多数の場合は抽選とさせて頂きます。
武田神社HP

開催日時:4月19日(金)
開場 17:30
天雷太鼓18:00
和火19:00
住所
〒400-0014 山梨県甲府市古府中町2611
TEL 055-252-2609
※座席のご用意は、ありません。芝生に直接座って頂く事になります。ご了承ください。
※雨の場合カッパのご用意をお願いします。傘での観覧は、危険なため禁止させていただきます。
※駐車場に関しまして、数に限りがあるため、公共機関での移動、や最寄りのコインパーキングなどを利用するなどの、ご協力をお願いいたします。


2019.4.19武田神社出演決定!!和火-KAZKA

武田神社御鎮座100年記念としてパフォーマンスをさせて頂きます。
天雷太鼓さんの演奏もお楽しみいただけます。
先着300名様閲覧無料でお届けします。
「カムニギワイ〜武田神社御鎮座100年事業」
出演:
天雷太鼓
和火-KAZKA-
開場 17:30
天雷太鼓18:00
和火19:00
会場:武田神社甲陽武能殿
住所
〒400-0014 山梨県甲府市古府中町2611
TEL 055-252-2609
※座席のご用意は、ありません。芝生に直接座って頂く事になります。ご了承ください。
※雨の場合カッパのご用意をお願いします。傘での観覧は、危険なため禁止させていただきます。
※駐車場に関しまして、数に限りがあるため、公共機関での移動、や最寄りのコインパーキングなどを利用するなどの、ご協力をお願いいたします。


2019.2.14 和火出演!!

和火の出演時間は2月14日の19:30ごろの予定です。
出演
ダンサー :ryuta tomo
ミュージシャン:shuichi tae

2月12日(月) ~ 14日(水)の3日間、大門碑林公園にてライトアップとイルミネーションを行います。最終日の14日(水)には、バレンタイン特別企画として、ファイヤーパフォーマンスチーム「和火 -KAZKA- 」によるファイヤーショー。また、レーザー光線と花火の打ち上げによるコラボレーションイベントを行います。会場では、ホットドリンクやチョコレートのホットなサービスをご用意しております。

【日  時】
平成30年2月12日(月) ~ 14日(水)
午後6時00分~午後9時(最終日14日のみ午後10:00まで)
雨天決行・荒天時中止

【場  所】
「大門碑林公園」 市川三郷町市川大門4930
【交通アクセス】
車:中央自動車道甲府南IC~国道140号経由 約25分
  中部横断道増穂ICより金川曽根広域農道経由 約10分
電車:JR身延線市川本町駅から徒歩10分
【駐車場】
周辺約200台 ※駐車場には限りがあります



【お問い合わせ先】
市川三郷町商工観光課観光係
TEL 055-240-4157
FAX 055-240-4154

2019.3.16コラボライブ【倭人】開催決定!!

阿羅漢+和火
コラボライブ【倭人】開催決定!!

甲府・桜座を舞台に阿羅漢の精細で迫力のある和太鼓と和火の幻想的な炎舞のコラボレーションをぜひお楽しみください!!︎
出演
-阿羅漢-
師範 前田タクヤ
師範 飛田邦秀
準師範 山口琳平

-和火-
RYUTA
TAE

日時 2019.3.16(SAT) OPEN 18:30 START 19:00
場所 桜座 SAKURAZA 甲府市中央1-1-7
TICKET 前売り¥3500-DRINK¥500- 当日 ¥4000-DRINK¥500-
ご予約・お問い合わせ 天野宣音楽事務所 TEL055-234-5759

駐車場は近くのコインパーキングをご利用下さい。

和火 パフォーマンスアカデミー開校!!

和火のパフォーマンスアカデミー開校!! パフォーマンスに興味がある!
体験してみたい!
メンバーと一緒に練習したい!
などのご要望から楽しく練習できる場として始動します。
道具の販売やレンタルなども行いますので、詳細などお気軽にお問い合わせ下さい。
なお室内スタジオなので火はつかいません。
お子様でも安心して参加出来るレッスンです。(小学校3年生以上)
1レッスン60分
個人レッスン・4千円
グループレッスン・1名3千円(4名まで)
予約制となります。
場所 天野宣音楽事務所
山梨県甲府市中央2-9-19
055-234-5759
お問い合わせ先
090-2647-7578

2018.10.28 昌福寺「御会式」

今年も参加させていただきます。

昌福寺にとって「御会式」とは、本番の舞台に立つ者も裏方で支える者も、子供も大人も、僧侶も一般信徒も垣根なく、日蓮聖人のテキストを何度も何度も覚えてしまうほど歌いこみ、その身体で街に繰り出し、日々を営み、抱いた意見や感想を相互に交換する年に一度の機会です。
今年のテーマは『開目抄』。
新進気鋭の作曲家・竹内一樹先生が付けてくれた音楽の節回しによって、すでに私たちの頭のなかには、『開目抄』の文字が寝ても覚めても鳴りひびいています。
そしてその〈過去の文字〉に〈今の我々〉が共振したとき、きっと我々の生身にも、釈迦牟尼仏と日蓮聖人の魂魄が宿っているはずです。
〈色相の文字はすなわちこれ応身なり〉
「歌」、つまり身体化された文字こそ、我々を聖なる瞬間へと運んでくれる〈タイムマシン〉なのかもしれません。であればこそ今、〈聖典の音楽劇〉を。
聖典の音楽劇『延年舞』
◯日時:2018年10月28日(日)17:30〜
◯会場:壽命山昌福寺(山梨県南巨摩郡富士川町青柳町483)
観覧無料
言葉 日蓮聖人
作曲・構成 竹内一樹
指揮・合唱指導 依田浩
合唱指導 雨宮由佳
舞台美術 RYUTA(和火)
出演 ますほジュニアクワイア、Chor Jiyu、日蓮宗宗立堀之内学寮、ファイヤーパフォーマンスグループ「和火」
──────────────────────────────────────────────
出演者プロフィール
【竹内一樹】
1983年東京生まれ。作曲家。
作曲を吉岡弘行、佐藤眞、寺嶋陸也の各氏に学ぶ。
合唱曲、歌曲といった言葉を伴う音楽を中心に作曲、編曲活動を展開する。
混声合唱のための「Canvas」がyou tube「Canvas kazuki takeuchi」検索で視聴可能。
管弦楽曲「To-Gen-Kyo」、山梨県昌福寺にて作曲・構成を務めたシアターピース「プレイ・スペース」、オペラ「Love Letter」、「The Best Present」、「オペラ北斎」など作品は多岐にわたる。
昨年6月には香港にて、男声アカペラグループYat po singersのためのアカペラ舞台劇「To Kyo」を委嘱初演され好評を得る。
合唱団響団員。 東京バラライカ・アンサンブル副指揮者。
【ますほジュニアクワイア】
2002年3月創団。年齢も学区も異なる子どもたちが集まり、日常の生活では得られない人間関係を築き、様々な価値観と出会いながら音楽を楽しんでいる。
2003年から毎年開催している定期演奏会では、アカペラやピアノ付きの作品にとどまらず、弦楽アンサンブルやオルガン、リコーダーとの共演など、ヴァラエティに富んだ歌声を聴かせてきた。また、地元の日蓮宗寺院、壽命山昌福寺の御会式において毎年舞台作品の初演に携わるなど、地域に伝わる文化にも触れつつ、積極的に活動の幅を広げている。
甲府盆地の南、富士川の流れる街、富士川町。緑に囲まれた「富士川町ますほ文化ホール」を拠点に、町とホールの大きな協力のもと《合唱音楽の響くホールと町づくり》をめざし活動中。
【Chor Jiyu─コアジユ─】
昌福寺御会式の「延年舞」にむけて、企画構成のためにはじまった〈合唱〉と〈シアターピース〉のワークショップから自然に形成され、昨年の昌福寺御会式ではついに初出演を果たした御会式のための合唱隊。
【日蓮宗宗立堀之内学寮】
日蓮宗が次世代を担う若い僧侶を育成するために設立した、東京堀之内妙法寺境内に所在する全寮制の養成機関。毎朝の勤行から、説教、読経、法要所作、書、日蓮教学、また現代社会に不可欠な社会体験まで、緻密なカリキュラムで運営され、すでに多くの優秀な僧侶が輩出。
【FIRE PERFORMANCE TEAM 和火】
真っ赤に燃えさかる炎を自在に操り、魂の音楽を響かせながら幻想的な世界を作り出すファイヤーパフォーマンスチーム「和火」。
和太鼓とディジュリドゥが繰り広げる迫力ある演奏と共に炎を操る個性豊かな3名のパフォーマーが展開する炎と音のエンターテイメント。
その炎は一瞬にして見る者の心に火をつけ、幻想的な世界へと引き込んでいく。そして一度灯された炎は、心の中で静かに激しく燃え続ける。http://kazka.info
──────────────────────────────────────────────
◯「昌福寺御会式」タイムスケジュール
13:00〜「唱題行脚」(青柳町区内)
行脚隊:日蓮宗宗立堀之内学寮生
「近隣の街頭を、日蓮宗堀之内学寮の青年僧が団扇太鼓をたたき〈南無妙法蓮華経〉をとなえつづけて行進する日蓮宗伝統の布教法です。」
13:00〜飲食・雑貨ブース開場
出店予定:郡司(屋台村・富士川町)、いきいき村(食料品ほか・富士川町)、三越松花園(生花・富士川町)、yamanecoya(エスニック創作料理・笛吹市)、虹屋(服飾雑貨・山梨市)、マネキン堂(駄菓子軽食・山梨市)、ichigoya(手作りアクセサリー・南アルプス市)ほか。
14:00〜「御会式法要」(昌福寺本堂)
式衆:日蓮宗宗立堀之内学寮生。
稚児:ますほジュニアクワイア、有志の児童。
「法華経の宗旨を確立し、我々後進の者が目指すべき目標を立てて下さった日蓮聖人に対して報恩感謝を捧げる法要です。それはまた日蓮聖人の本願を我々もまた本願として目指すことを再確認する法要でもあります。
日蓮宗宗定の法要儀式に則っり厳修いたします。式衆として〈日蓮宗宗立堀之内学寮生〉、稚児として〈ますほジュニアクワイア〉、そして今回は稚児出仕を志願した〈有志の子供たち〉も出座します。」
※雨天の場合も昌福寺の本堂内で予定通り執行いたします。
17:30〜聖典の音楽劇『延年舞』開演
「『延年舞』とは、昼の御会式法要の厳粛な儀式から一転し、あえて芸術的な効果を強め、観衆に〈楽しみ〉と〈壽命長久〉をもたらそうという音楽劇で、厳粛な法要と二部構成をなして古来の法会は営まれていたといわれます。
とくに昌福寺の御会式では、日蓮聖人が残された著述を音楽劇化しながら、その言葉と教えに親しみ、心身に記憶していくことを目指しています。それは他の鎌倉仏教の宗祖たちにくらべて著作が膨大な日蓮聖人だからこそ可能なことと考えています。」
※雨天の場合も昌福寺の本堂内で予定通り執行いたします。
※夜も寒さも考えられます。上着の準備もお忘れなく。
19:00〜「万燈奉納」
参加万燈講社:深敬園万燈講、昌福寺万燈講。
日蓮宗の檀信徒が、纏を振って燈火をともし、〈南無妙法蓮華経〉を唱え信心を奉納します。
☆お問合せは、昌福寺まで(0556-22-0218 / jyumyouzanshoufukuji@ybb.ne.jp)
※駐車場は当日係員のものが誘導します。
※駐車場を出来る限り用意いたしましたが、駐車台数に限りがありますことをご了承ください。


2018.8.4「甲府にぎわい祭り」に出演決定!!

2018年8月4日(土)「甲府にぎわい祭り」に出演します。
今回は花火とのコラボレーション!!
19:30〜の出演予定です。
出演
パフォーマー 
・RYUTA
・TOMO
・RYU
演奏
・TAE
・阿羅漢
お楽しみに!!

※当日会場に駐車場はございません。シャトルバスまたは公共交通機関をご利用ください。

甲府にぎわい祭りHP





「八ヶ岳ホースショーinこぶちざわ」中止のお知らせ

楽しみにしてくださっていた方には残念なお知らせですが「八ヶ岳ホースショーinこぶちざわ」は中止となりました。
次回の出演を楽しみにしていただければ幸いです。

・・・公式ホームページより・・・
7月26日(木)、午後9時に実施判定会議において、八ヶ岳ホースショーINこぶちさわを中止と判断いたしました。苦渋の決断でしたが、来場者及び出演者等の安全を考えての結果でした。楽しみにされていた方もいらっしゃると思いますが、御理解をいただきたいと思います。なお、中止と判断しましたが、7月27日(金)の午後6時50分からホースショーのみリハーサルを行いますので、御観覧していただければと思います。
有料観覧席を購入された方については、払戻しをいたします。7月27日(金)~8月10日(金)の午前9時から午後4時までの間に、小淵沢総合支所において払戻をいたしますので、お手元にある領収書をご持参ください。なお、旅費等の補償は致しません。

2018.6.14(木)NAMAOTO BUSKING LIVE〜3〜

今年もやります!!

熱い興奮の夜ふたたび!!

『NAMAOTO BUSKING LIVE~3rd~』

日時 6月14日(木)

19:30 START

場所 甲府北口よっちゃばれ広場

入場無料の投げ札スタイルです。

雨天決行(カッパのご用意をお願いします)

今回の公演にはデジタルアート集団VLOOを迎え特設ステージもさらに熱く!!

お見逃しなく!!

出演

Performer

田中隆太

田中友二

竹内龍

KAZKA

深田元晴 (サックス)

鈴木渉 (ベース)

大嶽香子 (ピアノ)

白根佳尚 (ドラム)

和火

石塚由有(和太鼓)

金丸妙子(ディジュリドゥ)

津金周一(ドラム)

Special thanks musician

前田タクヤ(和太鼓)

舞台

Chu-Buru-DECOhttp://www.chu-buru-deco.com/

成島塁

小田切滝斗

デジタルアート

VLOOhttps://vloo.jp/

総合美術監督

田中隆太

お問合せ:天野宣音楽事務所 055-234-5759